プロフィール

「文章は人柄と同じ」が信条です

磯崎 博史(いそざき ひろし)
日本語品質コンサルタント®、プロ・フィール(Pro-Feel)代表
企業内で記されるあらゆる日本語の品質を高める専門家。

1962年10月30日、茨城県水戸市生まれ。

1987年、日本大学文理学部国文学科卒業。卒業論文は「夏目漱石『三四郎』論」。朝日新聞が2014年10月から『三四郎』の再連載を開始したのはうれしい出来事で、日々、懐かしさとともに新たな想いにも包まれながら激読した。…燃えた。

1987年より、都内の教材系編集プロダクションに勤務、主に有名教材出版社の高校入試向け英語問題集等の各種編集実務を担当する。特に誤字・脱字・重複表現・誤構文等の検出と修正については注目を受け、「磯崎関所」と呼ばれる。

同時に、文科系教科全般にわたる設問作成、通信教育指導を行い、読者や受講生とのコミュニケーションにおける「わかりやすい日本語」の重要性を痛感(&再認識)し、「文章のみでわかりやすく意図を伝える」というテーマと真っ向対峙、苦労を重ねつつも数々の創意工夫で解決を続けながら精励する。

その後出版社等勤務を経て2003年6月、商業出版専門に書籍の校正・校閲を行う個人事業所としてプロ・フィール(Pro-Feel)を開業。

以来精力的に従事し、10年以上にわたりビジネス書の校正・校閲を中心に200冊以上の書籍の誕生に携わる(勝間和代、大前研一、小宮一慶の各氏ら著名著者の作品を数多く担当、詳しい実績はこちら)。

また、業務に取り組む中で培った「文章を読みやすく、わかりやすく、正しい日本語にする」技能を体系化し、メディアを問わずあらゆる文章の品質を高める方式として確立。現在は、日本語の文章の総合的な品質アップによって企業を利益体質にする唯一の日本語品質コンサルタントとして、各社における育成指導やアドバイス等に意を注いでいる。現場での合言葉は「推敲力は遂行力!」

さらに、近年は一般社団法人日本翻訳連盟や大手翻訳学校サン・フレア アカデミーの主催によるセミナーで講師を務めるなど、「日本語で翻訳の価値を高める」をミッションとして、翻訳者の日本語力向上を支援する活動に力を入れている。

上記のセミナーでは現役の翻訳学校講師を含む延べ270人以上(2017年9月現在)の翻訳関係者に日本語力向上ノウハウを伝え、「説明がとてもわかりやすく、勉強になった」「演習が実践的で、すぐに活用できる内容だった」「もっとたくさん話を聴きたい。続編に期待する」など多くの好評を得ている(出講報告ページ参照)。

開業以来、「文章は人柄と同じ。いくらでも磨きをかけていくことができる!」を変わらぬ信条とし、日々の職務に取り組んでいる。

趣味は将棋(アマ二段)、卓球観戦、読書、音楽鑑賞など。目下の強い願いは、2020年の東京オリンピック卓球女子団体の決勝戦で激闘の末に中国を降し、金メダルを胸にして表彰台の一番高いところから、東京体育館を埋めつくした総立ちの観衆に向かって(涙に濡れながらも)抜群の笑顔で手を振り続ける平野美宇を生で見ること。

名刺

お問い合わせ・資料請求はこちら